スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー検査

夜から朝にかけてフーちゃんが咳をしていたので、登園前に小児科へ。
痰が絡んでいて気道が狭くなっているそうで、吸入をしてきました。
先生の診断によると、アレルギーが起因しているかもしれないとのこと
急遽、血液検査をすることになりました。どうせ採血するならと、血液型も
調べてもらうことに…。

看護師さんたちは小さい子の採血だからか、フーちゃんの目の前にぬいぐるみを
たくさん並べて、「こっち見たらダメよ~ぬいぐるみさんを見ててね~」と3人体制で
挑んでくれたのですが、意外にも注射が平気なフーちゃんはケロリ。
うまく血が出てこなくて刺す場所を変えたり、針先を動かしたりと、痛そうだったのに
泣きませんでした!これには看護師さんたちも褒めてくれて、鼻高々のフーちゃん。
いつもより大きなご褒美シールをもらって、ご満悦でした。

しかし、終わって帰宅後に重大なことに気づく。先生はおそらくハウスダストとダニの
アレルギー検査を指定していたような気がする。うちは猫を飼っているから、まず
猫の毛を調べてもらうべきでした…!! 私のアホッバカッ!
一応、結果は月曜日に出るけど、もし犬猫等の毛が検査対象じゃなかったら、
もっかい採血…かなぁ…。フーちゃん、ごめんね(´・ω・`)

●おまけ
薬局に寄って、小児科の自転車置き場に戻ったら、園の指定帽子が落ちてて
「あれー?いつのまに落としたんだろう」と拾ったら、違う子のお名前が。なんと
小餅ちゃんが年少さんの時、バレンタインのチョコをあげたEくんの帽子でした!
念のため小児科にと戻ったら、待合室にEくんママがいた~。すごい偶然。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。