スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の卒乳?!

小餅ちゃんの鼻風邪が移ったのか、フーちゃんまで鼻水地獄に…。
夕方にはグングン熱があがり、39.7℃!! 土曜日だから小児科の
受付時間は過ぎてるし、以前処方されていた座薬をいれたら、ストンと
下がりました。ホッ。

フーちゃんはお薬が大嫌いで、いっつも飲ませるのに苦労していたのですが
今日のお昼は市販薬のシロップを「これ、いちごジュースだよ」「がんばって
飲んだらチョコあげるよ」としつこく誘って、なんとか飲ませることに成功。
夜もこの調子で…と思ったら、断固拒否。チョコで誘ってもダメ、鬼がくるよと
脅してもダメ。7mlのうち5mlまでがんばって飲んだのに、残りを飲まない

そこで思いきって「お薬飲まないと、おっぱいバイバイね」と強硬手段にでました。
もう2歳5ヶ月。これはもしかして断乳のチャンスなのかな…と。
そしたら「なんでダメなの」「おっぱいのみたい」「おっぱいちょうだい」と泣かれ、
母の気持ちはぐらぐら(弱っ)。それでも「お薬を飲んだらあげるよ」と貫いて、
「お薬バイバイなら、おっぱいもバイバイよ」と言い聞かせました。折れるかなと
思ったのに、フーちゃんたら「おくすりバイバイ…おっぱいバイバイ…」と涙。
心の中は「えーーーっほんとにやめちゃうの??うそー?!」状態の私w
だって、ものすごいさみしい。ほんとはおっぱいあげ続けたいよ。おっぱいを
欲するとき、飲むときのフーちゃんはとってもかわいいんだもの。
卒乳は喜ばしいんだけど、正直泣きそうになりました。もう子どもを産むことは
ないだろうから、授乳も最後なんだなとしんみり。
つーか、そんな嫌か!お薬が!!

そんなわけで、いきなり卒乳の日となり、記念にビデオも撮らなかった。
(そういえば小餅ちゃんの時もそうだったわぁ…)
フーちゃんは、初めておっぱいを飲まずに添い寝で寝ることができました。
もう下がってたとはいえ、お熱でツライ日に卒乳させてしまってごめんね。
明日からもしばらく泣くかもしれないので覚悟しなくちゃ。
むしろ、私がうっかりおっぱいをあげないように注意しなくては…。
母の試練でもあるんだな。
小餅ちゃんの卒乳は1歳8ヶ月だったので、長いほうだけどねー。フーちゃんを
授かって慌てて断乳したから、下の子は存分に飲ませようと思ってたけど。
ああ、さみしい。飲んでた分、まだまだ赤ちゃんみたいに思ってたけど、
一気にお姉ちゃんになるかしら。いっそ早く孫がほしい…。

ちなみに教訓。
言葉が話せるようになる前に卒乳したほうがいい。
しっかり会話ができるようになってからだと、厄介だし、さびしさも倍増。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。