スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手紙の行方

幼稚園からお手紙やシール交換禁止のお達しがあってから、家にたまっていく
渡されないお手紙たち。昨日は「今日はRくんと遊んだから、Rくんに書いた~」と
また新たに書いてました。先生やおばあちゃん宛にしたら?と勧めるけど、
やっぱりクラスメイトに書きたがります
書いたお手紙は渡すことはないので、そのまま折り紙やお絵かきに使われたり、
フーちゃんにビリビリにされるという末路です。

しかし今朝。リュックを開けてゴソゴソやってたので「何してたの?」と聞いたら
「お手紙だよー。先生はお手紙いいって言ったんだよ。おたよりにはダメって
書いたけど、やっぱりいいですって」と、ちょっと怪しいことを言うw
「じゃあ、それは先生に渡したら?」と提案すると「先生のはこれじゃないし」
「先生のは違うの書く」と譲らない。朝からぐだぐだと時間がかかってきたので
「それはお母さんのポケットに入れとくから、園についたら出そうね」と言って
預かることにしました。自転車に乗せてからは、寒いねーとおしゃべりをして、
しめしめ手紙のことは忘れたぞ…と思ってたら、靴を脱ぎながら「手紙!」と
きっぱり要求。 ほんと、こういうことだけは忘れない。

ちょうどそばで見ていた園長先生に聞いたら、お手紙だけなら大丈夫ですよと
OKが出ました。はー、よかった。園の入り口で一悶着しなくて済んだ。
字に興味を持つ時期だから、ほんとはいいことなんですけどねーと先生も
残念そうにしてた。シールあげた後に、それあたしの!と帰りに取り戻したり
するトラブルもあるらしい。うん、想像はつくw

ちなみに、お手紙はその場にやってきた担任の先生に渡してました。
それ先生のじゃないって言ってたのにあっさりとww しかも、ちらっと見たら
その紙は昨晩小餅ちゃんが折り紙の裏に一面びっしりとアルファベットのZと、
ピクトさん(トイレとかの人のマーク)を書き連ねた紙でした
見せられた夫も私も「わあ、なにこれ…」「呪いの手紙?」としか言えなかったのに、
先生は「かわいー♥」と言ってくれて
もう1枚あったお手紙は、先週末に書いたもので、ずっと持ち歩いていたから
ぐしゃぐしゃ。もしかして、あれも渡すつもりなのかな…(汗)。
まあ、誰も欲しがりそうにないから、トラブルにもならずにちょうどいいのかも
しれない(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。